ポーカー映画ベスト5をご紹介!

ポーカーを題材とした映画は意外に多くあります。深いドラマが繰り広げられるものやコメディタッチのものまで、いろんな描かれ方をされていてとっても面白い!

ここではギャンブル好き、ゲーム好き、複雑な人間模様がお好きな方におすすめな映画を5作品ご紹介します。

おすすめポーカー映画5選

古い映画から新しめの映画まで、リリースされた時代に拘らず5作品をピックアップしています。

1.  カジノロワイヤル(Casino Royale)2006年

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた最初の作品。英国諜報部MI6で昇格した若き日のボンドの最初のミッションは、国際テロ組織の金融ネットワークを断つことだった。ボンドは組織の資金源である男と高額の賭け金での決死のポーカー対決を行う…。現代的でハードボイルドでありながら007らしい派手なアクションも満載、そして切ない濃密な展開が楽しめるというドラマティックな作品です。

2.  ラウンダーズ(Rounders)1998年

ポーカーの天才である法律家を目指す学生マイク(マット・デイモン)はある日、ロシアマフィアの男に敗北、全財産の3万ドルを奪い取られてしまう。ギャンブルから足を洗う決心をしたものの、悪友に引きずられてまた手を染める。恋人にも愛想をつかされ、悪友の借金の保証人にまでされてしまい、命まで危ない。さぁ、マイクの人生の逆転なるか…。人間関係の泥沼からの脱出に奮闘する若者の足掻きが心に刺さる、緊迫感ある作品です。 

3.  ラッキーユー(Lucky You)2007年

クールで攻撃的な性格の天才ポーカープレイヤー、ハック(エリック・バナ)は、家庭を捨てた伝説的プロポーカープレイヤーである自分の父親に対して複雑な感情を抱いていた。純粋で心美しい女性ビリー(ドリュー・バリモア)との出会いによりハックの心境も変化してゆくが、ポーカー世界大会で父と勝負することになり…。父親との葛藤、運命的な恋愛、犠牲と葛藤が静かに描かれている人間ドラマです。

4.  モリーズゲーム(Molly’s Game)2017年

モーグルのオリンピック候補だったモリー(ジェシカ・チャステイン)は、選考をかけた大会で怪我を負いアスリートの道を断念する。ロースクールへ進学することを考えていた彼女は、その前に1年間の休暇をとろうとロサンゼルスにやってくるが、ひょんなことからハリウッドスターや大企業の経営者が法外な賭け金でポーカーに興じる闇賭博の運営アシスタントをすることに。ついには若くしてサロンオーナーとなるが、10年後、FBIに逮捕されてしまう。モリーの素顔とは一体…?降りかかる災難や逆境を強靭な精神で乗り越えていくヒロインから目が離せない、魅力的な作品です。

5.  シンシナティキッド(The Cincinnati Kid)1965年

ニューオリンズに住むポーカーの名手シンシナティ・キッド(スティーヴ・マックィーン)は、その世界で三十年も君臨する大物が地元にやって来た事を知る。お互い一歩も譲らない2人は、皆の視線の中で名誉を賭けての一大勝負を開始するが…。若者の苛立ちや挑戦、そして挫折を巧みに描いた骨太な作品です。特に対決シーンの緊迫感は、画面越しに伝わるほど圧巻!マックィーンが演技派としての地位を築くきっかけにもなった映画でもあります。

まとめ

ポーカーを知らないでも楽しめる作品ばかりをご紹介しましたが、やっぱりちょっとはルールや流れを知っておくと、もっともっと内容がわかって面白いです。一つ言えるのは、ポーカーをしている姿はカッコいいということ。真剣勝負をするそのギリギリな感じがグッときます。是非、気になった映画をチェックしてみてください!